暫くご辛抱を・・

先日、トイレの洗浄便座が故障。

 

メーカーの修理担当を呼んで修理見積もりしてもらいました。

基盤交換が必要らしく、修理費・出張費込みで見積もり2万強!

 

新品の洗浄便座が十分購入できる価格です。

 

今の洗浄便座は通常の便座暖房、洗浄機能のほかに便座開閉機能が付いています。

そしてそれ以上にこだわっているのが操作部。

安価な製品は便座脇に洗浄用などのボタンが付いています。

コレが好きではないのです。

理由は便所内の床掃除がしにくいことと、便座脇のボタンにはねた汚水などが付くのではと言う不安。見た目にも操作部の出っ張りがスッキリしていないし、狭いトイレがもっと狭く感じるということです。

このこだわりを押し通すと、洗浄便座は6~7万円してしまいます。

現在のものは確か、それの約半額で購入できたはず。

同じモノを購入できればよかったのですが、もう生産されていないし、後継機が作られていないようです。

 

それで2万は痛いのですが、仕方なく修理を依頼しました。

部品がすぐに手配できないらしく、暫く便座の諸機能を使用できない状態となります。

 

これからの季節、ただでさえ薄ら寒いトイレ内。座るとひんやりしますがご勘弁を。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)