GW後の節電について

GWは終わりました。
お客様のお話では、休みは暦通りという方が多かったようですが、中には10連休という方も。
からだせいびではGW期間はずっと営業していたので、連休ということ自体がうらやましい限りです。
本日からはGW前のように節電モードの午後8時まで(午後7時受付終了)に戻ります。
節電には少し逆行しますが、本日から営業時間内の看板照明を再開します。日が延びているので午後6時から8時までの実質2時間程度の照明です。5月に入ってナイターも再開されたことだし、この程度は許して下さい。震災後、ずっと薄暗いままの百合ヶ丘駅前を、少しでも明るくして活気を取り戻せたらということもあります。
なお、盛夏になって電力事情が悪化した場合は再考します。
その代わり・・・ですが、今まではタイマーに任せきりであった、共用部分である階段の電灯の照明時間を短縮できればと考えています。もちろんお隣のお店に影響しない時間帯のみの消灯です。
階段の照明ですが、蛍光灯3本と、ダウンライトの白熱球1個を使用していますが、夏は階段を上るにしたがって、かなり暑く感じられます。階段は空気の抜け道が無いので、温かい空気が2階に溜まってしまうためです。
店のドアが開くと、その熱い空気が店に流れ込みます。おまけに階段が明るいために入ってきた虫も一緒に店の中に入ってしまいます。
この前は閉店後ですが、虫だけでなく酔っぱらいさんも上がってきて店のドアの前で騒いでいたので、それらの対策も兼ねての消灯です。
店内の節電は今まで通り、スポットライトの消灯、蛍光灯のこまめな消灯、エアコンを極力抑えて送風にしたり、扇風機やサーキュレーター、換気扇併用による温度管理を行います。また、暖かくなったので、洗面所の電気温水器を使用中止とします。
以上、ご理解をお願いいたします。
店長まさひろ

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)