歩道のチョーク線

一昨日あたり、店の前の歩道にチョークで線が描かれていました。
水道管工事かガス管工事かな?
せっかくの歩道がつぎはぎだらけになるのかな?などと思っていましたが、チョークの線をたどっていくと、何の線かが解りました。
点字ブロックです。
駅前の歩道には点字ブロックが設置されているのに、横断歩道を渡ると点字ブロックが無くなってしまいます。
これは片手落ち。
健康な人はあまり気にしたことがないかも知れません。
(恥ずかしながら、私もこのことに気づきませんでした。)
これで目の不自由な方も、少しは安全になるかもしれません。
ついでに問題提起。
駅前の横断歩道は歩行者用信号が青のときは、「ぴゅ、ぴゅ」という音を出して知らせてくれます。
けれども、午後9時~午前7時にかけては音が鳴らなくなります。
目の不自由な方だって、その時間帯に横断歩道を渡ることがあるはず。
早朝深夜は多少音を控えめにしても聞こえるはずなので、ボリュームを下げて音を鳴らすべきだと思います。
振動で「青ですよ」、というのを知らせる装置が設置されている横断歩道を、見かけたこともあります。
何か一工夫が必要でしょうね。
店長まさひろ@からだせいび

*からだせいびは”まごころでサービス”いたします。
からだせいび
百合ヶ丘(川崎市麻生区)百合ヶ丘駅前30秒の整体サロン 044-328-5160 

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)