日本だけのカウントダウン!

本日は平成最後の日。

 

明日5月1日からは新元号「令和」に。

明治の前までは天皇在位中に元号が変わることが頻繁にあったそうです。

自然災害など縁起の悪い事が起きると、元号を変えて新たな気持ち?でスタートしたようです。

 

明治以降は天皇が変わるということは前の天皇が崩御された場合。

だから突然の出来事になります。

今回は前もって元号が変わるということがわかっているから、ここ最近では非常に特異なこと。今までならば喪に服すなど、暗い雰囲気での新元号移管ですが、今回は「祝・令和」のお祭りムードでいいのですよね?

 

これならばこの先も天皇がある程度の歳になったら「引退」されて、おめでたい雰囲気の中で元号が変わるほうが良いなぁ。

情報化社会ですから事前に色々な準備ができるというメリットもあります。

 

確かに西暦と元号の変換は面倒で間違いやすいもの。「昭和」というと何かもうとても古い時代にも思われます。しかしながら西暦でも60年代とか70年代とか10年おきで区切られ、50年代というととても昔に感じられるのと一緒。

世界でたったひとつ、元号を持つ国です。面倒ならば西暦を使用して、歴史的意義のあるものには和暦を使用するといった切り替えでよろしいかと思います。

老舗などは「1855年創業」と書くよりも、いつなのかすぐにわからないけれど「安政元年」と書いた方が歴史の重みを感じることが出来います。

 

さあ、日本では世界で唯一、歴史的なカウントダウンが出来ます。

楽しみましょう。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)