肩こりを軽く見ないで

最近ニュースでよく耳にするバスの事故。

 

その中で運転手さんが意識を失った、というのが原因の事故もよくあります。

昨日もそう。

幸い乗客の機転で大事故にはつながらなかったのですが、一歩間違えれば大変な事になっていたかも知れません。

運転手さんの直近の健康診断では異状なし。その日の朝の体調も問題なしだったという。

 

私が気にしているのは肩と首のコリ。

運転手さんのようにずっと座ったまま仕事をする人の多くが腰と肩、首のコリで悩んでいます。

長時間ずっと座ったままなので、腰や肩、首の筋肉がほとんど動かず固定された状態で緊張状態になってしまいます。

問題は肩から首にかけての筋肉です。

 

筋肉の緊張状態が続くとどんどんコリが激しくなり、心臓から肩そして首を通って頭(脳)へいくさまざまな血管の血流が悪くなります。

それは頭痛やめまいを引きおこし、もっとその状態が続くと吐き気を催すことがあり、もっとひどい場合、貧血状態になり意識を失うこともあります。

 

もしバスを運転中に貧血になったとしたら、大変なことになりますよね。

今回の事故の原因はまだわかっていませんが、肩こり首こりはレントゲンなどの検査では発見できず、従って健康には問題なしという検査結果となります。

一般的には肩こりや首こりは”たかが肩こり”と軽視されがち。

でも時によっては重大な事故につながる危険性を持っていると思っています。

 

だから普段から筋肉をほぐして頭への血流を滞らせないようにすべきです。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)