災害に対する準備

地震、台風、豪雨…このところ毎月のように各地で自然災害が発生しています。

地震はまだまだですが、台風とか豪雨は天気予報の進歩によって数日先ならばかなり確実に災害予想が見通せるように鳴りました。

ただし正確性が増した予報を意味ある物にするのは各自の準備ですよね。

 

先の関西を通過した台風21号。

大阪の繁華街、道頓堀では台風通過直前でも営業していた店があったようですし、道路の看板も普通通りに置いている店もあったようです。

これが沖縄など”台風銀座”の街だったら、おそらく台風に備えて準備をしていたと思います。シャッターを下ろしたり、ガラス窓に飛散防止用のテープを貼ったり、雨戸を閉めてさらに釘などで補強したりなど。

 

ここ麻生区百合丘は台風21号の被害は全く無かった、といって良いと思います。台風の進路からかなり外れていたためでしょうが、街の雰囲気も通常とほぼ同じでした。

近くに建物を解体している現場があり、建物をシートやボードで囲っています。今回の台風では結果的には何も問題は発生しなかったのですが、大阪を襲った風圧だったら大変なことになっていたと思います。

当店は一応看板など風に弱そうなものは引き上げて置きましたが、結果的には無駄骨。でも万が一の場合に備えておくのは意味ある事だと思いますし、習慣にするのも良いことだと思っています。

 

南の方に台風22号が発生しています。12日には905hPaの「猛烈」な台風に成長するようです。

今後の進路は今の所つかめていませんが、沖縄あたりで急に進路を北方向に変える恐れもあります。

停電に備えて懐中電灯の電池や食料、現金の準備を今からしておくのも良いと思います。(いつ来るかわからない地震対策にもなりますし)

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)