ぎっくり腰の痛みを取る

”ぎっくり腰シリーズ”3回目。

ぎっくり腰になったら「安静+アイシングで痛みを和らげる」というのが一般的に書籍などに書かれている”対策”です。対策と言えるのかどうかはわかりませんが・・・

そうは言っても皆さん忙しいし、時と場合によってはずっと安静にしておけない状況というのもあります。

 

前回ぎっくり腰は筋肉の損傷(捻挫のようなもの)であると書きました。

その損傷は自然に治っていくのを待つしかありません。損傷の程度により1週間前後から1ヶ月ほどかかるものもあるでしょう。

しかしぎっくり腰から来る痛みは和らげることができます。

 

前回書いたようにぎっくり腰の際の痛みは、筋肉が異常に緊張状態になっているために生じることが多いようです。ですからこの緊張を緩めることが痛みの緩和になります。

 

ぎっくり腰に一度なった人は再発しやすいと言われています。

当店からだせいびのぎっくり腰の対策は、再びなってしまった際に、自分自身である程度の痛み対策をとることができるよう、原則としてお客様自身で行っていただくための指導を兼ねています。

次になってしまった場合、また痛い思いをして足を運んでいただくことが無いようにという配慮です。痛みを我慢して動き回るとより悪化してしまう恐れもありますから。

 

筋肉の緊張をリリースするためには当店からだせいびでは「操体法の考えを利用」したストレッチを行ってもらいます。あくまで操体法の考えを利用しているのであって、操体法の動作そのままではありません。

ストレッチの方法も痛みの程度によって変える必要があります。

痛みがとてもひどい場合は肩を最初に動かしていただきます。(からだせいびは2階にあるので、このような方は来店するのも一苦労でしょうが。)脚を動かしても大丈夫な場合(ほとんどの場合はこの状態)は脚を動かしてもらいます。最初は軽い小さな動きのストレッチを行い、だんだん痛みが軽くなって来るので徐々に大きな動作に移ってもらいます。ぎっくり腰の痛みを緩和する場合は、患部である腰を押したりすることはありません。

この一連のストレッチで当初の痛みはかなり緩和されるはず。

 

ですから文字や画像で説明することがかなり困難。やはり来店していただき、実際に一緒に行っていただくのが良いと思います。

 

 

ぎっくり腰の痛みは激痛の事が多いから、ぎっくり腰にならないように普段からの筋肉のメンテナンスを行っておくことが大切です。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

関連する記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)