Category Archives: たわごと


今日からオリンピック

今日からリオデジャネイロでオリンピックが始まります。

 

ただ、今回のオリンピックは今までに較べて特に盛り上がりにかけているような気がします。

日ごろテレビを全く見ないためかも知れないけれど、webニュースでも何かオリンピック関連の話題に欠けているようですし、特にご来店のお客様とのお話にオリンピックが上がったことは皆無です。

 

私なりに理由を考えてみました。

・直前に東京都知事の選挙や内閣改造の話題で盛り上がってしまい、オリンピックの報道が片隅に追いやられたため?

・オリンピック自体の魅力が薄れている?

・地球の裏側で行われているから?

・リオよりも次の2020年の東京オリンピックの話題が先行しているから?

・メダルに届く選手が少なそう?

 

おそらく競技が始まり、それが報道されるに従って、徐々に話題に上ると思っていますが、日本選手の活躍がないと報道関係者も報道のし甲斐がありません。

選手のみなさんには頑張って欲しいものです。

 

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

スイカは野菜?

からだせいびではダイエットを取り扱っている関係上、いろいろな食品を調べることがあります。

 

その中で今まで常識として何とも思わずにいたことが、調べてみると全然異なっていることがあります。

 

今日は果物について。

 

八百屋さんやスーパーの入口付近には色とりどりの果物が並んでいて、買い物客の目を引きます。(何故か入口付近は果物が多く、奥の方に魚や肉がありますね。これにも何科の理由があるのでしょうね。)

今の季節はブドウやモモ、スイカ、メロンなどが旬。もう少しすると梨が出回ります。

いつでもあるのが輸入品である柑橘類、バナナ、アボカド、キウイなど。

 

小学生のとき、弁当にフルーツを入れたらダメなんていうことを言っている学友がいたのだけれど(先生は何とも言っていないのに)、それでトマトはどうなんだ、と言う話になった記憶があります。

特に最近はかなり糖度が高いトマトもあり、フルーツトマトとして店頭に並んでいるものがありますよね。

 

結論から言ってしまうと、トマト、メロン、スイカ、イチゴは野菜です!

フルーツショップ、あるいは喫茶店で出されるフルーツパフェは実は野菜パフェだったりすることもあるということ。

 

まあ、これは分類の仕方で国によって異なるようですが、当然本ブログでは日本の農林水産省の分類に従います。

農水省のサイトからそっくり引用すると、

----------

果樹とは

農林水産省では、園芸作物の生産振興を効果的に推進するため、概ね2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、果実を食用とするものを「果樹」として取り扱っています。従って一般的にはくだものと呼ばれていないと思われる栗や梅などを果樹としている一方で、くだものと呼ばれることのあるメロンやいちご、スイカ(いずれも1年生草本植物)などは野菜として取り扱っています。

http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/fruits/teigi.html

----------

簡単に言うと、

1年で枯りとってしまう植物の実は野菜・・・スイカ、メロン、イチゴ、トマト、イネ、キュウリ、ナス、かぼちゃなど

2年以上育てる草である植物の実は果物・・・バナナ、パパイヤなど

木になる実は果物・・・柿、イチジク、リンゴ、ブドウ、梨など

となります。

 

微妙な例としては、

バナナは木ではなく草だけれど多年生だから果物として扱います。

良くわからないのがイチゴ。家の園芸ポットに植えてあるイチゴは一見枯れたように見えるけれど、残った茎から次の年にどんどん芽が出てくるから多年生だとおもうのだけれど、農水省では野菜となっているんです。生産効率上の理由で、農家では1年で刈り取ってしまうからということ。

だから小学生の時の話に戻ってみると、イチゴやスイカは野菜だから弁当にいれてもOKというのが正解。

 

まあ、人間が勝手に分類しているだけなんですよね。

 

waku-dietinfo link2

◆近隣だけでなく座間、相模原、町田市などからもご来店されています。

 

 

店長まさひろ

 

 

小田急沿線でダイエットなら

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

 

時代の流れ

数日前のニュース。

TRI-Xの100ftが在庫限りで販売終了ということです。

これだけ書いてわかる人はかなり写真について詳しい方でしょうね。

 

TRI-Xはコダック社のISO400黒白フィルムです。

100ftは100フィートの意味。

コダック社の100フィート長尺フィルムが販売終了ということです。

 

100フィートだから約30.5メートル。当然こんな長いフィルムを詰め込めるカメラは(特殊用途を除き)ありません。

専用の機械(フィルムローダー)を使用して、空の35mmフィルム用パトローネ(135型パトローネ)に詰めかえます。

100フィート1巻から36枚撮りで17~18本分のフィルムを作れるはず。

 

学生時代、カラーフィルムは高価だし、自分で現像~プリントができないためにこれを使用していました。

空のパトローネは当時ヨドバシカメラの地下に下りる階段の途中に置いてあったのを、無料で持ち帰ることができました。(当時のヨドバシカメラは今の新宿西口マルチメディア館の南館の部分だけ。黄色い特売価格表で有名でした。・・・これを知っているのは年配の人だけだろうな)

富士フィルムのパトローネはパトローネの蓋が簡単に外れるのでこれを好んで持ち帰りました。コダックのフィルムは蓋がかしめてあり、蓋を外すと変形してしまうのでNGです。

 

空のパトローネの出っ張っているほうの軸を固いものの上でたたきつけると、けっこう簡単に分解できます。

フィルムローダーに100ftのフィルムを装填するのだけは暗室(ダークバック)で行い、後は明るい場所でOK。

フィルムの軸にフィルムローダーからちょこっと出ているフィルムの先をテープで固定し、パトローネを装着して、パトローネの蓋をかぶせ、フィルムローダーのふたを閉じます。

次にフィルムローダーの目盛でフィルム撮影枚数が分かるようになっていたはず。

あとはフィルムローダーの蓋を開き、フィルムの先端をはさみで切り、パトローネのほうのフィルム先端をカメラに装填できるようにはさみで整えれば完成。

長尺フィルムがなくなれば、もうこのような作業ができなくなってしまいます。

 

もっともいまどきフィルムを使う人はわずか。

コスト的にも手間の上でもデジタルカメラにまったく太刀打ちできません。

写真学校の生徒さんやプロの写真家でもデジタルが主流でしょう。

 

時代の流れなのですが、パソコンなどを使用しなくてもネガ(スライド)を見ることができるフィルムの良さは捨てがたいのもがあります。

 

最近レコード針の売れ行きが伸びているというニュースも。

過去のものになったとされる技術でも特有の長所があり、それが分かる人にはかえ難いものなのでしょう。

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

七夕の日は雨が多い?

昔から7月7日の七夕は雨が良く降ると言われています。

過去10年間の東京の7月7日の天気を調べてみると、

2015年・・・雨

2014年・・・雨

2013年・・・晴

2012年・・・雨

2011年・・・曇

2010年・・・雨

2009年・・・曇

2008年・・・雨

2007年・・・曇

2006年・・・曇

(1日のうちに雨が少しでも降ったら雨としています。 goo天気サイトより。)

 

50%の確率で雨なんですね。

 

昔からの言い伝えで、七夕の日に雨が降ると天の川が氾濫して、織姫と彦星が会えなくなるいうことが言われていました。

織姫星はこと座のベガ、彦星はわし座のアルタイルで、東京の夜9時には東の空に天の川をはさんで位置しています。

 

現実的にはこの2つの星同士が近づいたり、天の川が氾濫ということは無いのですが、昔の人が夜空を見上げていろいろと想像したロマンをすんなりと受け入れるのも良いなぁと思います。

 

今日の百合ヶ丘は今のところ晴れているけれど、今晩どのような天気になるやら。

予報は曇ですが。。。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

駅舎を守れ

昨日のニュースで、JR山手線の原宿駅を改築すると言うことを知りました。

 

確かに現在の原宿駅はホームや廊下が狭く、駅の外に出るのに時間がかかります。災害時など、非常時は問題ですね。

 

どのように改築するのかは未だ公表されていませんが、原宿駅は都内最古の木造建築だとか。

駅舎そのものに歴史的価値があります。駅舎自体が観光資源になっています。

おそらくこの駅舎をバックに記念写真を撮る人はたくさんいるでしょう。

 

安易に取り壊して欲しく無いというのが実感です。

すぐ横に明治神宮があり、環境的に高層化などはもってのほか。

 

立て替えの上で参考になるのが、東急の田園調布駅と御茶ノ水駅ではないかと思います。

 

田園調布駅は(ほんの一部ですが)駅舎を保存し、街のシンボルとして残してあります。

駅自体は地下化してその上を有効活用しています。

 

御茶ノ水駅は同様にホームに人があふれる対策として、ホームの上にコンコースを新設し、ホーム上の人をすぐにコンコースへ誘導するようにしようとしています。

御茶ノ水駅はすぐ横を神田川が流れていて、原宿駅同様に地形的に拡張することが難しいために、そのような構造にしたと思います。

 

原宿駅はお茶の水駅の逆で、地下にコンコースをつくり、地下駅舎にするのが私の提案。地下鉄明治神宮前駅へも濡れずに移動できます。

もちろん今の地上駅舎はそのまま残しておきますし、今のホームへの廊下もそのままでOK。

駅前の道路下も地下街、地下通路にすれば、竹下通りや表参道方面から駅へ流れる人の対策になります。

 

 

2020年東京オリンピックの乗降客増加対策とのことですので、時間がありません。

国立競技場とリンクして、人の流れを考えるべきです。

 

 

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

伊勢志摩サミット

本日26日、明日27日の二日間、三重県の賢島で伊勢志摩サミットが開催されます。

ニュースによると期間中とその前後、賢島周辺の警備がかなり厳しいものになっているようで、住民ですら1日に何度も検問、職務質問を受けているそうです。

 

島に乗り入れている近鉄も、運行は島の外にある駅までで折り返し運転で、賢島までは運休。

島ということで、警備はしやすいのかも知れません。

賢島は言わずと知れた観光地ですが、サミット期間前後の約1週間は観光客も立ち入り禁止。観光地ですから当然土産物屋や食堂などあるのですが、その間は開店休業状態でしょうね。サミット関連の各国関係者や報道関係者の出入りはあるでしょうが、観光での滞在ではないため、期待はできません。

国家的行事とはいえ、土日の儲け時。地元の業者にとってはけっこう痛手でしょうね。

 

 

サミットのついでということで、アメリカのオバマ大統領は日本に来る前、ベトナム・ハノイに立ち寄ったそうです。

そこで一般の大衆食堂に入り、6ドルの麺料理を楽しんだとのこと。(ニュース・ソース

写真を見ると、一般の人に混ざってオバマ大統領がプラスチック椅子に腰掛け、ビールをラッパ飲み(コップがないのでラッパ飲みと想像)しようとしている姿。料理も特別なものではなく、東南アジアの大衆食です。日本であればその辺のお蕎麦屋さんに入ったような感覚ですね。

演出もあるのでしょうが、公金で贅沢をするどこかの知事と違って、とても親近感が持てます。

コレを見るとまわりの人は一般の現地人。SPが居るようには見えません。(店の外にはたくさんいるのでしょうが。)本当にこれで大丈夫なの?とこちらが心配してしまいます。そして店内では、トナリでオバマさんが食べているのに、よく平然と食べていられるなあと感心してしまいます。日本ならば皆さん、携帯で記念撮影の嵐だね。

 

 

同様の経験。

海外旅行をしていると、たまにハプニングがあります。

私の場合はマレーシアのクアラルンプルで、VIPと遭遇した経験があります。大昔ですが。

 

多分1988年1月3日、マレーシアのクアラルンプル。セントラル・マーケットという土産物店がたくさん集まっている建物でした。

多くの人が群れていたので一応撮影。その時は、この人たちは誰かわかりませんでした。

Giovanni Goria

 

その後建物の中で店を見ていたら、また近くを通り過ぎて行きました。

その後、まわりの人からイタリアのゴリーア首相(Giovannni Goria)と言うことを知りました。

おそらく後の人は奥さん(ファースト・レディ)でしょうね。

私と同様、マレーシアの特産物、工芸品などを見学していったようです。

おそらくマレーシアを訪問し、当時のマハティール首相と会談した後のお楽しみタイムだったのでしょうね。

Giovanni Goria

 

まわりには怖そうなSPらしき人はほとんど見当たりません。

写真からもお解りのように、本当にすぐ脇を通って行きました。もちろん私は所持品チェックや職務質問など受けておりません。あまりにも急だったので、ピントを合わせている時間は無く、ピンぼけです。まず撮影。コレが大事です。(当時はマニュアルフォーカスカメラでした。)

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

バナナがピンチ

一番ポピュラーなトロピカルフルーツといえばバナナ。

バナナのたたき売りという言葉もあるくらい、バナナは昔からポピュラーな果物です。

私が子供の頃、パパイヤやマンゴー、キウイなどトロピカルフルーツなど見ることすら出来なかったのですが、バナナだけは容易に食べることができました。

 

そのバナナ、最近のニュースによるとかなり深刻な状況にあるようです。

まだ巷のスーパーでは小売価格がそれほど上昇している気配がないため、深刻さが感じられません。

 

バナナに感染する”パナマ病”のためです。パナマって最近何かと話題になっていますが、もちろん別の話。

人間には害はないものの、バナナが感染すると

フィリピンでは感染が拡大していて、このまま放っておけばあと10年ほどでバナナば食べられなくなる恐れがあるとか。

 

 

 

最近スーパーで見かけるバナナの産地が増えている気がします。

昔からの台湾、フィリピンに加え、ペルー、エクアドル、バリ島(インドネシア)、スマトラ(インドネシア)、グァテマラです。

日本はほとんどをフィリピンから輸入しているため、フィリピンでパナマ病が蔓延した場合、非常に深刻な事態になります。輸入先を増やしておくのがそういった対策というのもあるのでしょうか?

 

今回のパナマ病は本当は新パナマ病と言われていて、100年ほど前に発生したパナマ病を引き起こすカビがより強力になったものらしいです。

100年前はバナナがほぼ全滅したとのこと。幸いカビに強い品種がみつかり、それを株分けしたものが今のバナナ。

 

 

日本は遺伝子学で先端を走っています。

その技術を生かしてバナナに対しても、遺伝子的にパナマ病に強い品種を作り出すとか、カビを遺伝子的に退治できる手助けをできれば良いのですが。

 

トロピカルフルーツで一番好きなバナナ。

美味しくて栄養に富み、手軽に食べることができ、安価。

コレが無くなるなんて考えられないことです。

 

私としてできることは、バナナ生産業者の研究資金のために、バナナを少しでも多く食べること、か。

(バナナは糖質が多く、太りやすいけれど。)

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

ドラフト会議

2回続けてプロ野球の話題。

 

昨日のドラフト会議。

スワローズの真中監督がやってくれました。

外れクジでのガッツポーズ。

オマケに”当選インタビュー”まで行ってしまいました。

 

 

封筒の中に二つ折りの紙があって、それを開くと当選には「交渉権確定」というスタンプが右に押してあり、落選は白紙。ただし両方とも左に「DRAFT2015」というスタンプが押してある。

この「DRAFT2015」を見て、当たりだと勘違いしてしまったのが真中監督。

 

事前に当たりクジについての説明があり、各チームのテーブルにも当たり、はずれが記載された紙が置いてあったという。

 

これだけやっても緊張している時は間違えるものなのでしょうね。

 

かわいそうなのは高山俊選手ですね。あまり表情に表さない選手のようですが、かなり複雑な心境だったと思います。

 

 

からだせいびの店内はスリッパ着用です。

そのため入口自動ドアのOPENスイッチのすぐ上に目立つように「土足厳禁」と書いてあります。

店内にはいってすぐにマットが敷いてあり、「スリッパにお履き替え下さい」という立て札が置いてあります。もちろんスリッパも置いてあります。

 

それでもたまに土足のまま入ってくる方がいます。お客様であったりセールスの方であったり、宅配便業者の方であったりとさまざま。

初めての店の中に入る時は、少し緊張するのでしょうね。土足厳禁という文字の内容は目に入っていても、いざドアを開けると、もう頭の中はカラッポと言った感じでしょうか。

住宅の玄関のように入口に段差を付けられると完璧な対策なのですが、構造的にできませんし、足腰が悪い方に余計な負担をかけられません。(ただでさえ急階段で2階に上がってこられますので)

「ありゃ、土足で入って来られたワ」ではなく、「かなり緊張しているのかなぁ」と思うようにしております。

 

話は戻ってドラフト会議。

”対戦相手”の金本監督もチェックミスですね。すぐにクジを見ていれば自分が当選とわかるのに・・・。

やはり緊張していたのでしょうかね。

 

まあ、来年のプロ野球。新人監督が多く、いろいろな話題も楽しめそうです。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

夢の続きの続き

昨日、ジャイアンツの原監督が辞任を表明しました。

 

原監督やタイガースの選手・監督だった岡田 彰布さんとは年齢が近く、非常に親近感を感じていました。

岡田 彰布さんは私が大阪に住んでいた頃(高校時代)、高校野球の強豪、北陽高校で活躍していたし、原監督は当時の藤田監督がドラフト抽選で引き当てたのを、大学4年の研究室のラジオで知りました。
 
したがって就職(社会人になるという意味)した年も同じです。
 
その監督が辞任=野球を引退ということになります。私もそのような歳になるんだと実感せざるを得ません。
 
まあ、私が子供の頃は会社は55歳が定年でしたからそのようなものですが、現代では50歳~60歳はまだ現役ですね。そういえば中日の山本昌選手もついこの前、引退表明しましたね。(ピッチャーとして50歳までですから、まさにスーパーマンです。)
 
 
原監督の場合、ジャイアンツだけでなくWBCでも侍ジャパンを率いて優勝を果たしたし、まさに名将と言って過言はないと思います。
 
 
今のところはまだ、今後に関して伝わっていないようですね。
未だ50代ですから、この先もいろいろと頼まれることがあるでしょうが、先ずはお疲れ様といったところでしょう。
 
選手を引退した時は「私の夢には続きがあります。」という名言を残しました。
 
しばらくはいろいろな面から野球を分析してもらい、2020年の東京オリンピックで、侍ジャパンを再度率いてもらうのが次の夢であって欲しいのですが。。。
 
 

店長まさひろ@からだせいび

 

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 
 

新国立競技場 その3

新国立競技場について、また書くことになろうとは。

 

最初は2013年10月26日、2回目は最近の2015年6月5日に書きました。

 

 

昨夜のニュースによると、金国立競技場のデザインを白紙に戻して再度デザインする方針だとさ。

ラグビーのワールドカップは新競技場の完成に間に合わないために、他の競技場で行うとのこと。

 

2013年10月26日に書いた本ブログの悪い予感が、残念ながら的中してしまいました。

 

新聞などの記事によると、責任のなすりあい状態。

オリンピックや新国立競技場の実行責任者というのすら一体誰なのか、よくわかりません。

日本スポーツ振興センター(JSC)とか、文部科学省というのがそれ相応の責任部署でしょうが、国民大多数の非難に見かねて総理大臣が決断したのでしょうね。

 

デザイン白紙という決断自体は良いとして、時期があまりにも遅すぎです。

 

今後のデザインをどうするかという大問題についても、オリンピックまでの日程はどんどん迫っているなかで、あやふやすぎです。(発表されているニュースからだとデザインのみのコンペではなく、確度をもった日程やコスト込みのコンペとのことらしいですが)

 

日本の会社は経営スピードが遅すぎるといわれてきました。

経営のトップがなかなか決断できず、商機を逃したり、損失拡大してしまうというものです。

今回の新国立競技場も、その一例になってしまったようです。

 

まだ挽回はできますが、犠牲となったのはラグビーW杯。今のデザインを考えたザハさんも、ある意味では犠牲者でしょうね。JSCがザハさんのデザインを選ばなければ、このような事態にならなかったかも知れませんから。そしてやるせない思いでいるのは、既に突貫で設計やその他の作業を進めていた(であろう)ゼネコンの方々。

 

私もメーカーで設計をしていて、担当していた業務が突然中止ということが幾度となくありましたので、その思いは十分わかります。

 

 

そして新競技場の今後の作業。

すべての作業に渡って、かなりタイトな日程となります。

パラレルに進められる作業は良いのですが、シリーズに進めざるを得ない作業は、遅れが発生した場合、たたでさえ厳しい日程がより厳しくなります。

厳しい日程ということは、コストも押し上げますし、他の建設業務を後回しにせざるを得なくなる事も考えられます。

 

原デザインを中止するというのは良いけれど、せめてあと1年早く決断できていれば、といったところです。

 

 

どうやら新国立競技場について、これから先、ブログで何回も書くことになりそうな悪寒がします。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Next page →
← Previous page