Category Archives: たわごと


今日から6月

6月に入りました。

 

GMOという会社が運営していて「5月31日で終了」ということになっていた携帯用のホームページですが、今のところまだ管理者ログインも記事変更も可能。

しかもクーポンの利用期間が自動的に更新されていました。

 

なんだコレ?

「5月31日で終わり」というお知らせは決して4月1日のエープリールフールの日ではなく、5月1日だったはず。

 

店内の掲示板やPC・スマートフォン用ホームページにも5月31日で携帯用ホームページ終了のお知らせを出してしまったし、パンフレットの携帯用ホームページバーコードも削除してしまったのですが・・・

 

6月から見ることができないと思い、からだせいびのお休みカレンダーの更新を止めていたのですが、急きょ更新しました。

何時見られなくなるのか解りませんが、とりあえず利用できるうちは更新してくことにしますね。

 

6月3日追記

6月1日の夕刻に確認したら、携帯サイトへつながらず、管理者ページにもつながりませんでした。 おそらくサイト閉鎖されたものと思われます。

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

 

明日からGW

いよいよGWに突入です。

 

今年は曜日の並びが良いので、長い人は9連休も可能。

連休さえ年に一度の私には夢のような話ですが…

 

4月終わりから5月初めのGWは、新入学とか新社会人とか春の転勤など、今までと環境が変わった人にとってはほっと一息入れることができる良い期間ではないでしょうか。

春の引っ越しでダンボールが片付かない人にとっても、意義のある休みですよね。

 

既に連絡済みですが、からだせいびは通常通りのスケジュールです。

火曜日はお休みで、日祝日は午後6時の受付終了となります。

 

新しい環境で肩が凝った人、引っ越し作業で腰が辛い人。

お待ちしております。

 

夏に向けてのダイエット開始もまだ間に合います。

秋の健康診断に向けても、今からダイエットを。

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

マイナンバーカードってなんだ?

今年から確定申告の際、マイナンバーカードの提示が必要になった。

ということで、どこかにしまったマイナンバーカードを必死に探す私のオヤジ。

 

やはり見つからず電話をかけてきたので、「いつもの保管場所にあるでしょ。」と答えたのだが、それでも見つからないということで実家まで探しに。

 

それでいつもの保管場所を探すと、やっぱりありました。

オヤジもかなり記憶が怪しくなっているのだが、これはオヤジのミスではなく

カード自体、そして行政の欠陥があるということにも気付いた。

 

 

 

マイナンバーカードには「マイナンバーカード」という文字が入っていない。

小さく「個人番号カード」とは書かれているけれど。

 

 

だから「マイナンバーカードを提示しろ」と言っても、お年寄りとか初めて見る人や疑い深い人は

個人番号カード=マイナンバーカード

ということが理解できない場合が出てくる。

 

 

「個人番号カード」を目の前に、「マイナンバーカード」を必死に探したオヤジがかわいそう。

これは決して笑い話ではありません。

 

 

「マイナンバーカード」と言わず、「個人番号カード」と言えば良い、あるいはマイナンバーカード(個人情報カード)と書けばよいだけなのだが、手元のいろいろな書類を見ると、併記してあるものはわずか。中には「税番号」なんてもっとわかりにくい名称を併記してあるものもある。

 

これ、行政の不手際です。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

早朝の駅前掃除

百合ヶ丘駅の始発電車は5時8分の新宿行き準急。

 

始発電車が動く前から駅周辺では活動が始まっています。

パン屋さんへパン材料を納品、スーパーへの商品納入、喫茶店への各種材料納入等々。始発電車から降りた人を運ぶための深夜・早朝タクシー。始発電車にのるために駅に向かう方も。(以前、会社勤めしていた時は、その1人だったけれど。)もちろん24時間営業のコンビニや弁当屋さんも活動しています。

 

そしてそのような人とは別に、駅前ロータリー周辺の歩道などを掃除している方がいます。

駅に近い町内会の有志の方なのでしょうか?数名の方が週に数回、歩道等に落ちているゴミを拾ったり掃き掃除をしてくれています。

 

今のように寒い時期、そして最も寒い早朝の掃除はとても大変な事だと思います。頭が下がる思いです。

いつもありがとうございます。

 

カテゴリー「たわごと」に分類していますが、適切な分類カテゴリーがないのでたわごとにさせていただきました。決してたわごとではなく、感謝の書き込みです。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

ゴッドハンドって

前回声明に乗じる商売という題名で記事を書いたのですが、今回はある意味その逆。

電話や手紙、メールでいろいろな所から広告を出さないかという勧誘が来ます。そのような勧誘には乗らない主義ですから、全ておことわりですが。

 

媒体は新聞、週刊誌、雑誌、書籍のほか、ネット記事、ネット動画(TV)であったりもします。

単なる広告としての場合もあるし、一見広告に見えない記事広告というのもあります。

時々来るのが健康・医学系雑誌や本への掲載依頼。

内容を見ると、まず健康や医学などの記事があり、それに続いてお店の紹介記事(要は広告)が掲載されることが多いようです。雑誌系は○○に強いお店、ということで、お店を紹介する記事となることが多いです。

 

あるいはいわゆる「名医」、「ゴッドハンド」、「スゴ腕」紹介本への掲載依頼も時々あります。

業界に入って初めてわかったのですが、これらの本は(全てではないかも知れないけれど)お金を出して載せてもらうということ。

ゴッドハンドとか神の手というのは、施術を受けた人や周囲から自然に言われるようになったというのではなく、お金を払えば誰でも”ゴッドハンド”として書籍や雑誌に掲載される、という場合も多いということを知りました。

それを知って、正直なところがっかり。本当のゴッドハンドもいるのでしょうが、それも信じられなくなったというのが本音。私なら(そのような技術を持っているとしても)自分からはもちろん、他の人からだとしても恐れ多くも恥ずかしくもゴッドハンドなんて勘弁です。

 

だから今では、本当のゴッドハンドというのは「宣伝もせずにひっそりと営業しているのだけれど、何故か長く続いているようなお店」かな、と思うようになりました。

百合ヶ丘周辺にもそのような感じのお店があります。ただし、そのようなお店はホームページはもちろんチラシすらないので費用もわからず、入るのにけっこう勇気が必要かと思います。

 

これは健康・医学系に限らず飲食店にも言えるのかなと思います。

百合ヶ丘にも宣伝をしないのに、ずっと昔から長く続いているお店があります。

百合ヶ丘に越してきて間もないというお客さんも多くお見えになります。そのような方からどのような飲食店が美味しいかな?と良く聞かれます。

そのようなときに私がお勧めするのは、やはり宣伝していないのにずっと続いている個人店。チェーン店は紹介しません。そのようなお店は昔からそのお店の味を守って、その味がずっと地元の方に愛され続けていると思います。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

名声に乗じる商売

開業して2ヶ月ほど立った時のお話。

 

ポストに金色で縁取られた威厳のありそうな団体からのいかにも高級そうな封筒が入っていました。

名声に乗じる商売

中を見ると

名声に乗じる商売

なんだか良くわからないけれど、国際医学文化賞に内定したという内容の文章。

(各写真は故意にハイキーにしてあります。)

 

 

良くわからないけれど、開業して数ヶ月の人間に賞など関係ないよね。とほったらかしにしておいたら…

 

 

その威厳のありそうな団体の女性から電話が。

 

女性 「お手紙届きましたでしょうか?」

 

私 「はあ」

 

女性 「お手紙にお書きしてあるように、立派な業績を残している方ということで、ある方からのご推薦があり、当会で検討しましたところ賞をおとりになるにふさわしいお方、ということでお手紙を差し上げました。」

 

私 「はあ、でも私の店、開業して数が月なんですけれど…」

 

女性 「でも、開業されるまでいろいろとご経験をお積みになったのでしょ。」

 

私 「あのぉ、私それまでサラリーマンだったんですが…」

 

女性 「ガシャ」(電話切られた)

 

という漫才。

まあ、会社で数年は医学に関連した仕事もしたけれど。

 

多分ほとんど調べもせずに、インターネットのホームページなどから情報を得て、適当に手紙を送っているのでしょうね。

もし私が数十年も整体をやっている人間であったら、乗せられていたかも。

 

ネットで検索すると、授賞式があり、受賞パーティも開かれているような。

当然そのパーティに出席するには、相当のおカネを支払う必要もあるのでしょうね。

当然ながら、この団体に関する悪評もたくさん検索されます。

 

お金がたくさん余っている人なら、何も知らずに受賞パーティに出席してシアワセに浸るのも良いとは思いますが…。

 

 

封筒はいつかブログネタになるだろうな、ということで取ってありました。(笑)

 

2016年ノーベル医学・生理学賞の大隅先生の授賞式が先日開催されたニュースを見て、こんな笑い話があったなと思い出したので一筆。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

人間暖房器

施術をしているとかなり熱くなります。

自分が動いているからというのもありますが、施術開始直後でも暑く感じます。

特に予約時ギリギリということで急いで入ってきたお客様がベッドに横たわると、かなりの熱さが伝わってきます。

 

ベッドの横に温度計があるのですが、施術前後で1度くらい室温が上昇していることもあるのです。

 

そこで人間がどのくらいの熱量を発生しているのかをネットで調べてみると、いろいろなネットで差はあるのですが、60W~100Wの電球と同じくらいの熱を発生しているとのこと。

ヒトの基礎代謝である1500kcal(成人男性の場合)を元に計算するようです。

ベッドに横たわった状態だから、基礎代謝の1500kcalを元にした熱量で問題はありませんが、急いで入って来られた直後であれば活動代謝も加わっているから、もう少し代謝量が多い状態になっていて、それが私に伝わってくるのでしょう。

 

100Wの電球のすぐ上で、こちらも動いているのだから、熱いはずです。

 

いまの季節、暖房を入れるには微妙な気温です。

お客様の状態を見てこまめに扇風機やエアコン送風設定、あるいは窓を少し開けるなどで調整しています。

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

今日からオリンピック

今日からリオデジャネイロでオリンピックが始まります。

 

ただ、今回のオリンピックは今までに較べて特に盛り上がりにかけているような気がします。

日ごろテレビを全く見ないためかも知れないけれど、webニュースでも何かオリンピック関連の話題に欠けているようですし、特にご来店のお客様とのお話にオリンピックが上がったことは皆無です。

 

私なりに理由を考えてみました。

・直前に東京都知事の選挙や内閣改造の話題で盛り上がってしまい、オリンピックの報道が片隅に追いやられたため?

・オリンピック自体の魅力が薄れている?

・地球の裏側で行われているから?

・リオよりも次の2020年の東京オリンピックの話題が先行しているから?

・メダルに届く選手が少なそう?

 

おそらく競技が始まり、それが報道されるに従って、徐々に話題に上ると思っていますが、日本選手の活躍がないと報道関係者も報道のし甲斐がありません。

選手のみなさんには頑張って欲しいものです。

 

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

スイカは野菜?

からだせいびではダイエットを取り扱っている関係上、いろいろな食品を調べることがあります。

 

その中で今まで常識として何とも思わずにいたことが、調べてみると全然異なっていることがあります。

 

今日は果物について。

 

八百屋さんやスーパーの入口付近には色とりどりの果物が並んでいて、買い物客の目を引きます。(何故か入口付近は果物が多く、奥の方に魚や肉がありますね。これにも何科の理由があるのでしょうね。)

今の季節はブドウやモモ、スイカ、メロンなどが旬。もう少しすると梨が出回ります。

いつでもあるのが輸入品である柑橘類、バナナ、アボカド、キウイなど。

 

小学生のとき、弁当にフルーツを入れたらダメなんていうことを言っている学友がいたのだけれど(先生は何とも言っていないのに)、それでトマトはどうなんだ、と言う話になった記憶があります。

特に最近はかなり糖度が高いトマトもあり、フルーツトマトとして店頭に並んでいるものがありますよね。

 

結論から言ってしまうと、トマト、メロン、スイカ、イチゴは野菜です!

フルーツショップ、あるいは喫茶店で出されるフルーツパフェは実は野菜パフェだったりすることもあるということ。

 

まあ、これは分類の仕方で国によって異なるようですが、当然本ブログでは日本の農林水産省の分類に従います。

農水省のサイトからそっくり引用すると、

----------

果樹とは

農林水産省では、園芸作物の生産振興を効果的に推進するため、概ね2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、果実を食用とするものを「果樹」として取り扱っています。従って一般的にはくだものと呼ばれていないと思われる栗や梅などを果樹としている一方で、くだものと呼ばれることのあるメロンやいちご、スイカ(いずれも1年生草本植物)などは野菜として取り扱っています。

http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/fruits/teigi.html

----------

簡単に言うと、

1年で枯りとってしまう植物の実は野菜・・・スイカ、メロン、イチゴ、トマト、イネ、キュウリ、ナス、かぼちゃなど

2年以上育てる草である植物の実は果物・・・バナナ、パパイヤなど

木になる実は果物・・・柿、イチジク、リンゴ、ブドウ、梨など

となります。

 

微妙な例としては、

バナナは木ではなく草だけれど多年生だから果物として扱います。

良くわからないのがイチゴ。家の園芸ポットに植えてあるイチゴは一見枯れたように見えるけれど、残った茎から次の年にどんどん芽が出てくるから多年生だとおもうのだけれど、農水省では野菜となっているんです。生産効率上の理由で、農家では1年で刈り取ってしまうからということ。

だから小学生の時の話に戻ってみると、イチゴやスイカは野菜だから弁当にいれてもOKというのが正解。

 

まあ、人間が勝手に分類しているだけなんですよね。

 

waku-dietinfo link2

◆近隣だけでなく座間、相模原、町田市などからもご来店されています。

 

 

店長まさひろ

 

 

小田急沿線でダイエットなら

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

 

時代の流れ

数日前のニュース。

TRI-Xの100ftが在庫限りで販売終了ということです。

これだけ書いてわかる人はかなり写真について詳しい方でしょうね。

 

TRI-Xはコダック社のISO400黒白フィルムです。

100ftは100フィートの意味。

コダック社の100フィート長尺フィルムが販売終了ということです。

 

100フィートだから約30.5メートル。当然こんな長いフィルムを詰め込めるカメラは(特殊用途を除き)ありません。

専用の機械(フィルムローダー)を使用して、空の35mmフィルム用パトローネ(135型パトローネ)に詰めかえます。

100フィート1巻から36枚撮りで17~18本分のフィルムを作れるはず。

 

学生時代、カラーフィルムは高価だし、自分で現像~プリントができないためにこれを使用していました。

空のパトローネは当時ヨドバシカメラの地下に下りる階段の途中に置いてあったのを、無料で持ち帰ることができました。(当時のヨドバシカメラは今の新宿西口マルチメディア館の南館の部分だけ。黄色い特売価格表で有名でした。・・・これを知っているのは年配の人だけだろうな)

富士フィルムのパトローネはパトローネの蓋が簡単に外れるのでこれを好んで持ち帰りました。コダックのフィルムは蓋がかしめてあり、蓋を外すと変形してしまうのでNGです。

 

空のパトローネの出っ張っているほうの軸を固いものの上でたたきつけると、けっこう簡単に分解できます。

フィルムローダーに100ftのフィルムを装填するのだけは暗室(ダークバック)で行い、後は明るい場所でOK。

フィルムの軸にフィルムローダーからちょこっと出ているフィルムの先をテープで固定し、パトローネを装着して、パトローネの蓋をかぶせ、フィルムローダーのふたを閉じます。

次にフィルムローダーの目盛でフィルム撮影枚数が分かるようになっていたはず。

あとはフィルムローダーの蓋を開き、フィルムの先端をはさみで切り、パトローネのほうのフィルム先端をカメラに装填できるようにはさみで整えれば完成。

長尺フィルムがなくなれば、もうこのような作業ができなくなってしまいます。

 

もっともいまどきフィルムを使う人はわずか。

コスト的にも手間の上でもデジタルカメラにまったく太刀打ちできません。

写真学校の生徒さんやプロの写真家でもデジタルが主流でしょう。

 

時代の流れなのですが、パソコンなどを使用しなくてもネガ(スライド)を見ることができるフィルムの良さは捨てがたいのもがあります。

 

最近レコード針の売れ行きが伸びているというニュースも。

過去のものになったとされる技術でも特有の長所があり、それが分かる人にはかえ難いものなのでしょう。

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

Next page →
← Previous page