Category Archives: たわごと


ハロウィン

本日10月31日はハロウィンの日。

ウィキペディアからの抜粋によると、

「古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。」

「ケルト」人が何処の人かわからなかったので、同じくウィキペディアで調べると、ヨーロッパ(主に英、仏、南独、スイス、オーストリア、チェコ、スロバキア、ハンガリー、南ポーランド)あたりの人らしい。

だから本来はヨーロッパ発祥の文化ということになるのだろうが、現代は特にアメリカが主流のお祭りのようだ。

 

そこで何故か日本。

バレンタインとか節分の恵方巻き同様、何かと商売に結びつける悪癖があるから、スーパやデパートが必死になります。

そしてそれに乗せられた人、何故か子供ではなく大人が仮装して騒ぎまくるようになりました。毎年それがエスカレートしているようですね。

本日は渋谷にたくさんの警官が動員されて、混乱を防止するようです。

商売とか家庭内だけで盛り上がるのならば問題はありませんが、社会的に迷惑をかけるようになってはダメ。

これが続くようであれば、やがて条例などで路上での仮装に制限が加わるのではないでしょうか。コンビニなどでのフルフェイスヘルメット装着禁止のように。

何事にも節度が大切だと思います。

 

なお、当店はハロウィンに関しては店内の飾り付けなどは行なっておりません。

仮装で来店されてもサービス・特典などはありませんよ。(笑)

 

店長まさひろ@からだせいび

 

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

2019GWは10連休?

来年のカレンダーが発売されれています。

 

注目は何と言ってもGW。

まだ正式に決定されていませんので、何ともあやふやなカレンダーとなっていますが、4月27日土曜日から29日昭和の日までは3連休。そして5月3日憲法記念日から5月6日こどもの日の振替休日までが4連休は決定済み。来年に限り、現天皇の退位する日である30日、そして新天皇の即位日である5月1日が決まっています。その日を祭日扱いにするか否かで4月30日から5月2日までがどうなるかが決まります。5月1日を祭日にすると、日本の場合、祝日と祝日に挟まれた日は休みとなるという”妙な”法律があるので、4月27日から5月6日までの10日間が連休になります。

 

今の所政府は5月1日を休みにするという方向に持って行きたいようです。

 

経済的には旅行業界などは大賛成だと思いますが、一方では例えばオフィス街のお店などは1ヶ月の1/3が開店休業となってしまい、大変な事になります。

株式市場も日本だけ10日間も株式売買がストップするといった前代未聞の状態になり、世界の金融情勢に遅れてしまいます。リスク回避のために4月26日午後は売り一色になるとではと思います。銀行や役所も10日間お休みとなると、いろいろな面で生活に支障が出る恐れがあります。

 

からだせいびのスケジュールはどうするって?

まだ決定していません。

でも多分10連休になった場合、住宅地である百合ヶ丘の人口、そして人通りは激減すると予想していますので、時短営業&臨時休業でしょうかね。

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

確かにヤバイな

今ニュースで盛んに報道されている元アイドル。

 

今日保釈されて警察署から出てきた姿を、ネット上のニュースのあちこちで見かけます。

ニュースなどでは”やつれた感じ”の表情とか衣服に注目が集まっていますが、整体師など姿勢に対していつも気にしている人ならば、その画像を見た瞬間に別の部分にかなり違和感を感じたはずです。

 

画像だけからの判断なのですが、どの画像もかなり肩の高さが左右で異なっています。極端に右肩が下がっています。

そしてスカートを見ると、腰の高さも左右で違っているように見えます。腰は右が上がっているような感じに見えます。

だから背骨は前から見て”逆Cの字”に歪んでいると想像できます。

横から撮影された画像からはおそらく、猫背と判断出来ます。(耳の位置と肩の位置が直線上にありません)

そしておそらく骨盤も前に傾いています。いわゆる反り腰です。特に女性アイドルは若い時からハイヒールを履くことが多いと思いますから、骨盤が前に傾くことが多いはずです。反り腰でお尻がボンと突き出ているのが一般に”良いスタイル”、と思われているのも問題なのですが。

 

元アイドルの乗っていたクルマのドライブレコーダーに、事故の瞬間「やばい」という声が記録されていた、ということをどこかのネット記事で見ました。

確かにヤバイです。

もちろん事故を起こしたことに加え、その後の行動もヤバイのですが、自分のカラダの歪み具合もかなり”ヤバイ”レベルだと思います。

 

今後刑事裁判があるのでしょうが、自分のした行動は当然ですが、普段の何気ないしぐさ(例えば良く足を組むなど)もこの際反省して、ココロはもちろんカラダの歪みもきちんと修正して欲しいものです。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

 

ストロー廃止に思う

今年になって海外、そして国内でもストローを廃止する動きが出始めました。

発端は6月に開催されたG7の「海洋プラスチック憲章」採択だという。

粉々になったプラスチック(マイクロプラスチック)が海に流れ、海洋生物の体内に蓄積されているということです。

 

これがきっかけとなってまず、アメリカのスターバックスがプラスチックストローを廃止するというコメントを流しました。

それからは続々といろいろな大手外食チェーンで、このような動きを見せ始めたようですね。

 

ここで、なぜプラストローなのか?が疑問となります。

ストローだけが目の敵にされているようですが、実際に海に流れてマイクロプラスチックとなるとしたら、(おそらく)ストローなどはごく微量だと思います。

何故って、ストローの大部分は店内とか家庭で消費されて、可燃ゴミあるいはプラゴミとして焼却されるものがほとんどだと思います。

ストローよりもスーパーなどのポリ袋や飲み物などのペットボトル、カップ麺などのプラ容器のほうが海辺や川辺で使用してそのまま流される事が多いのでは。しかも重量比はこちらの方がストローよりもずっと多い。

洗濯で揉まれて衣服から流出する衣類の化学繊維が、そのまま下水とともに海に流れています。これがとんでもない量だと聞いたことがあります。特にアクリル繊維が非常に抜け落ちやすいようです。(フリースは洗濯回数減らすべきだな。)

 

おそらく使用しなくてもそれほど困らず、手っ取り早く無くすことができる代表がストローなのでしょうね。

 

昔は牛乳とかヨーグルトもビン入りで、牛乳店に返却していました。

スーパーの袋も紙袋でしたね。

味噌も量り売り、豆腐も近所の豆腐屋さんが天秤棒で売りに来ると、鍋を持って買いに行ったのを思い出しました。(昔住んでいた所は車ではなく、豆腐屋のおじいさんが毎晩近所に売りに来てくれました。)

納豆も藁とか薄切りの木で包まれていたものです。(今もスーパーにそのようなものが置いてありますね)

 

自然にやさしい昔のやりかた、見直しても良いと思います。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

災害に対する準備

地震、台風、豪雨…このところ毎月のように各地で自然災害が発生しています。

地震はまだまだですが、台風とか豪雨は天気予報の進歩によって数日先ならばかなり確実に災害予想が見通せるように鳴りました。

ただし正確性が増した予報を意味ある物にするのは各自の準備ですよね。

 

先の関西を通過した台風21号。

大阪の繁華街、道頓堀では台風通過直前でも営業していた店があったようですし、道路の看板も普通通りに置いている店もあったようです。

これが沖縄など”台風銀座”の街だったら、おそらく台風に備えて準備をしていたと思います。シャッターを下ろしたり、ガラス窓に飛散防止用のテープを貼ったり、雨戸を閉めてさらに釘などで補強したりなど。

 

ここ麻生区百合丘は台風21号の被害は全く無かった、といって良いと思います。台風の進路からかなり外れていたためでしょうが、街の雰囲気も通常とほぼ同じでした。

近くに建物を解体している現場があり、建物をシートやボードで囲っています。今回の台風では結果的には何も問題は発生しなかったのですが、大阪を襲った風圧だったら大変なことになっていたと思います。

当店は一応看板など風に弱そうなものは引き上げて置きましたが、結果的には無駄骨。でも万が一の場合に備えておくのは意味ある事だと思いますし、習慣にするのも良いことだと思っています。

 

南の方に台風22号が発生しています。12日には905hPaの「猛烈」な台風に成長するようです。

今後の進路は今の所つかめていませんが、沖縄あたりで急に進路を北方向に変える恐れもあります。

停電に備えて懐中電灯の電池や食料、現金の準備を今からしておくのも良いと思います。(いつ来るかわからない地震対策にもなりますし)

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

気象と休み

いつものように朝8時に店頭の札を「開店」にしようと階段下へ。

バス待ちの人の列が長くなったことで新学期が始まったことを知りました。

 

例年ならば盆が終わると幾分涼しくなるのですが、昨日の最高気温は35度。

今日の予想も35度と、相変わらず猛暑が続いています。

明日からの気温予想もずっと30度以上が続いています。

 

このような気象が続くのであれば、関東以西の夏休み期間をもっと長くする検討が必要だと思っています。

昔は9月1日からだったのが、土日休みということでしわ寄せが夏休み短縮になっているはず。

土曜日の半ドンを復活して夏休みを長くすべきでは。

昔は休みが少なかったから、逆に休みの時間が楽しく、有効に利用していたような気がします。土曜日は学校で友達と午後からの遊びの計画を練ったりしたものです。

 

 

もともと欧米諸国の週休2日というのは、日曜日にミサ出席があるから土曜日を仕事休みというのが理由と聞きます。

金曜日が安息日のイスラム教国は金曜、土曜が休みで日曜日は出勤日のところが多いのです。

休みは宗教上の理由から決められているのです。

 

 

天候上の理由で休日を決める例として、台湾は強い台風が来るときは政府が台風休みを宣言します。

だから台風が近づくと学校や官庁、会社も休みになります。

 

政府が本当に国民の健康や安全を考えてサマータイムを考えているのであれば、沖縄や九州など台風や災害の多い地域には台風休みの導入を考えるのが先だと思います。

サマータイム理由のひとつとしている「欧米諸国がやっているから」という理由ですが、その欧州でサマータイム廃止論も活発になっているようですから、導入の理由にできないと思います。

それよりも先に論ずるべきは台風休みです。

大きな台風の時は、交通機関の乱れを考慮して従業員の早帰りを促している会社もあります。(この前の台風の時は箱根そばのお店が台風休みをとっていました。結局の所、このあたりは台風による大きな影響は無く、あれっ、なんで箱そば休みなの…という「空振り」の感じでしたが、従業員のことをきちんと考えてくれる良い会社ではないでしょうか。)

従業員も家族とか帰りのことが心配で、仕事もはかどらないだろうし。いっそのこと、初めから休みにした方が良いと思います。

訳のわからない「山の日」とか「海の日」などを設定するよりも、休みの理由としては誰もが納得すると思います。唯一、突然休みになるといったことが混乱を起こすかも知れませんが、気象上の理由だから皆さん文句は言いませんよね。

 

当店独自に設定しようかな、「台風休み」とか「酷暑休み」。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

サマータイムよりシエスタだよな

このところ何故か突然サマータイム論議が始まった。

 

きっかけはオリンピックに向けての暑さ対策だという。

欧米先進国はサマータイムを導入している国が多い、というのもひとつの理由だとか。

 

サマータイムを欧州各国が導入している理由を見ると、

「昼間の明るいうちに仕事をし、夜の余暇時間を長く持つことができる。 」

ということで、

緯度が高く夏の日照時間が長い欧米諸国などで多く導入されている。」

(Wikipediaより)

だから、そもそもサマータイムの目的は暑さ対策というのでは無いのです。むしろ夏の昼間の長い日照時間を有効に活用しようという日本とは逆の発想。

 

ちなみにWikipediaのサマータイム実施国をみると、赤道付近の熱帯、亜熱帯の国で実施している国はほとんど無し。

 

アジアのように特に夏に湿度の高い国は、夜中でも不快感はあまり下がらないから夜になっても大変です。

それで東南アジア各国は、昼間の暑い時間はブラブラ適当に過ごし、夕方に良くあるスコール後の幾分温度が下がった時間を屋台などで家族と共に過ごすといった生活ですよね。

メキシコなどは昼間は商店も閉じて昼寝タイムです。

 

暑さ対策として道路への散水とか…、冗談かと思った。

湿度は上がるし、足は濡れるし、道路は滑りやすくなるかも知れないし…

毎年この時期渇水で悩んでいるのに。オリンピック開催から水の需要は例年よりも多くなるはず。その時期に節水どころか水を使いまくり。

利根川水系各都県の皆さん、2020年夏は相当の覚悟が必要だと思いますよ。

 

アメリカのTV中継の莫大な収入を得たいからということで、オリンピックの時期をどうしてもずらせないのならば、競技は日中を避けて夜中に行ったらいかがでしょうね。欧米諸国のテレビ中継も、欧米の選手にとっても時差がほとんどなくなるし、好評だと思いますが…

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

忙しいわけだ…

本日届いた約27cm×20cm×11cmのダンボール箱。

確かにネットで購入したけれど、こんなに大きな物を頼んだ覚えはないのだけれど…と宛先を確認したら、確かに私宛。

中を開けたら、底にへばりついていたのが、紙袋。

店をやっているとなかなか買い物にも行けないため、SDメモリカードを購入したのはよいけれど、むちゃくちゃな過剰包装だな。

エアキャップ入りの封筒で済みそうなものをこんなに大きな箱で輸送するとは…

送料無料なのだけれど、ネットショップ側での輸送費もかかるのではと心配になってきました。

年末でクリスマスシーズン。クリスマスの贈り物とか宅配屋さんは大忙しのはず。

封筒で済むものをダンボール箱で輸送しなければならないから空気を運んでいるようなものです。

宅配屋さんが忙しいわけが少しわかりました。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

2週連続の台風

先週の台風21号に続いて今週は22号。

日曜日を狙い撃ちで台風が襲撃してきます。

 

22号は数日前までは本州のずっと南を通り過ぎるという予報だったので気楽に考えていましたが、予報よりも北で進路を東に変えているために、当初の予報よりも本州に近づいています。最新の予報では房総半島をかすめていくような進路です。

先週日曜の夜にスーパーに寄ったら、特売品でさえもかなりの売れ残りがありました。雨がかなりの勢いで降っていたために、お客さんの数も少なかったのでしょう。今週も同様だとすると、生鮮食品は廃棄するしかないためにスーパーにとっては恨めしやの台風ですね。

 

あと数日で11月。

ロータリーを挟んでからだせいび正面のチキン屋さんではマスコットの人形は赤い服に衣替えのはず。

こんな時期まで台風の心配をするなんて、さすがに異状気象だと感じます。

異状気象の原因がCO2によるものだとすると、気球規模での早急な対策が必要だと思います。

国益優先で温暖化対策を撤廃する大統領令に署名した某国大統領、大規模な山火事や2度にわたる大型ハリケーン襲来はそのしっぺ返しだと思うのですが。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

久しぶりのブログ投稿

7月終わりから8月初めにかけて、両眼の白内障手術を受けました。

手術は全く問題無く成功したのですが、手術後によくおきるという乱視がまだかなりひどい状態。

なにしろお月様が2つも3つも見えるのです。だから暗いところとか、小さくて薄い字だと「3」と「6」と「8」との区別が付きにくく、大変困った状態です。

乱視はメガネで矯正できるのですが、術後の今作ってもすぐに合わなくなるでしょう、と眼科の先生の言葉で未だ作っていません。

少なくともあと1ヶ月はこのまま見にくい状態が続きそうです。

目に対する負担を少しでも軽くしようと、極力PC作業を少なくしてきました。WEB予約を数週間にわたり中止したのも、本ブログやホームページ更新作業をを暫く必要な更新だけにしたのもそのためです。

 

まだ見えにくい状態ですが、少しずつ元に戻していきたいと思います。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

Next page →