Category Archives: 整体


肩コリが首が太くする?

若い頃よりも首が太くなった、というお客様。

体形を見るとやはり猫背です。

 

猫背の場合、体重のおよそ1/10といわれる頭の重さを支えているのは僧帽筋、肩甲挙筋など肩から首にかけてのいろいろな筋肉。

寝ている時を除いて、常時それらの筋肉を使用しているわけですから、いわば筋トレをしている状態です。腕で例えると、いつも力こぶを作っている状態です。

その状態が何年も続けば、首の筋肉は腕の力こぶのようにどんどんたくましくなっていくのが想像できます。

 

一度たくましくなった筋肉も、使用しないでいるとそのうちやせ衰えていきます。

だから一度太くなった首の筋肉も使用頻度を減らせば、細くなっていく可能性があります。

どうするかというと、良い姿勢を保つこと。

胸をはって頭をきちんと肩の上に載せた状態にすることです。この状態なら、頭の重さは肩、腰、踵のやや前という順で受け止めることになり、自然な状態で立つことになります。

そうすることにより、首の筋肉の緊張状態が最小限になるため、首の筋肉が力こぶ状態にならず、筋トレ状態から抜け出すことになります。

 

インドネシアのバリ島、アフリカの人、昔の大原女は頭の上に物を載せて歩きます。このような人たちは上記のような姿勢で歩いています。だから重たい物をバランス良く運ぶことが出来るのです。

猫背の人がこれをやったら、まずバランスが崩れて載せることもできないだろうし、首に異状をきたしてしまうでしょう。

 

 

一度猫背になるとその状態がラクなので、良い姿勢を保つことはかなり難しいとは思います。でもそれを我慢して常日頃からピンとした姿勢を保つことで、首の太さも戻るのではと考えております。

もちろん肩コリ・首コリもラクになるはず。

 

 

首を鍛えると、首の太さはとても太くなります。

「アメフト選手 首の太さ」で画像検索してみると、頭の直径よりも太くなった首を持つ選手の画像がたくさん出てきます。

アメフトの選手は激しいぶつかり合いをするために、細い首ではカラダが持ちません。だから首を鍛えてこのような体形にするのだと思います。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

ふくらはぎのコリ

施術時にふくらはぎをほぐして、と依頼される方が多くいらっしゃる。

そのような方の多くは腰のついでにふくらはぎを…という方です。

 

そしてふくらはぎを両横からちょっとつかんだだけでかなり痛がります。もちろんコリのために筋肉が硬くなっているので、あらかじめゆるめの力でつかむのですが、大げさでなくかなり痛がる。

 

ふくらはぎの筋肉は足首の動きに連動しているため、歩くことでストレッチになります。ふくらはぎが痛いという方の多くはクルマで通勤している方とか、駅近に住んでいる方が多いようです。そしてお仕事もデスクワークとか立ち仕事。つまりあまり歩かない人が多いのです。

 

そういう私もこの仕事になってから、一日中狭い店内に閉じこもっているために、ふくらはぎのコリに悩んでいる一人です。会社員時代は通勤に長い時間をかけていたし、デスクワークといえどもいろいろと会社内も歩き回っていたために、ふくらはぎのコリで悩んだことは一度もありませんでした。

 

ふくらはぎのコリはエコノミークラス症候群にもつながりかねないため、放置しないように心がけましょう。(自戒を込めて。)

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

今月の特集は「白髪・抜け毛と肩・首コリの関係」

今年ももう9月。

2日ほど前から店内外にリリヒル便り9月号を置いています。

 

今月の特集は表題の通り。

前からずっと気になっていたことが、美容師さんとの話で共有できました。

(美容室でも肩まわりの簡単なマッサージがあるので、髪の毛と肩コリの関連づけができています。)

 

だから白髪や抜け毛を気にする人は、頭皮のマッサージやシャンプーを気にするだけでは不足かもしれません。毛根の働きを活性化したとしても、頭の血流自体が首や肩で制限されているとしたらそこを対策しないと意味がありません。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

7月の特集「肩コリ改善は姿勢から」

からだせいびの情報誌「リリヒル(百合ヶ丘)便り」、7月号を昨日から店内外に置きました。そしてご来店のうえ、メールご希望の方へも配布しました。

 

7月号の特集記事は「肩コリ改善は姿勢から」

肩コリをほぐしてもすぐに肩が凝るという人は多いと思います。

なぜ肩や首が凝るかという原理を理解することで、コリを低減することができるはずです。

 

詳細はリリヒル便りをご覧下さい。

 

部数限定。おそらく7月中旬にはなくなると思いますので、お早めに。

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

5月号の特集は「背中のコリ」

からだせいび発行の情報誌「リリヒル百合ヶ丘便り」、5月号はゴールデンウイークの営業時間をお知らせするため、いつもより早めに先週金曜日から店内外に置きました。

 

既にご覧になった方もいると思いますが、5月の特集は「背中のコリ」。

 

肩コリの方の多くが背中のコリも併発している感じです。

特に肩甲骨の内側のコリを何とかしてという人が多いのです。

背中だから自分の手が届かず、自分でほぐすことができません。

 

特集ではコリの原因とラクにする方法を書いてありますので、ご覧下さい。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

歩幅小さいと認知症のリスクが・・・

からだせいびに来店される人にはよく指導していることは、「大きな歩幅で歩きましょう」ということ。

 

その目的は腰回りやお尻の筋肉を少しでも大きく動かすことにあります。

腰痛の方はかなりの確率で腰だけでなく、お尻周りの筋肉も凝っています。

 

大きな歩幅で歩いたり、階段を1段飛ばしで上がることによって腰回りの筋肉は普通に歩くときよりも大きく動き、ストレッチになります。

それを続けることで腰痛や殿部痛を和らげることを期待しているのです。

 

また臀部の筋肉を使う事で、大臀筋も発達してヒップアップ効果も期待できます。

 

昨日のネット記事に別の効果が期待できることが載っていました。

「歩幅」の狭い人は注意して! 認知症発症リスクとの関係

 

この記事によると、速く歩くことよりも歩幅が重要だそうです。

年齢と共にだんだん歩幅が狭くなりがちなのですが、できるだけ大きな歩幅を維持することが認知症発症のリスクを減らすと言うことですね。

理由としては「歩く」という単純な動作だけれど、脳では目や足からのいろいろな情報を瞬間的に処理して次の一歩を踏み出す指令を与えています。歩幅を大きくすると言うことはカラダのバランスをとるためにその情報を高速で正確に処理する必要があるから、ということなのでしょうか。

認知症の予防というと、パズルをしたり、糖質を控えめにする食事とか、体操などがありますが、歩くという基本的な動作をちょっと工夫するだけでもリスクが軽減するのであれば、是非取り入れたいですね。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

ぎっくり腰を図解

いままで3回に渡って書いてきたぎっくり腰。

わかりやすいように筋肉の変化を図で示してみます。

 

①正常な機能を持つ筋肉です。(わら納豆みたいだけれど…)

筋肉は柔らかく、よく伸び縮みできます。

ぎっくり腰図解

 

②メンテナンスを怠っていると、筋肉がだんだん機能的に衰えてきます。(凝っている状態)

こうなると、腰の動きも悪く、前屈したりねじったり、横に倒す側屈などが辛くなります。いわゆる腰痛の状態です。

ぎっくり腰図解

 

③筋肉の状態が良くない(コリがひどい場合)に急な大きい動作で筋肉が動かされると、筋肉の一部に損傷が起きます。

急な動作は物を拾うためにかがんだり、くしゃみをしたり、重たい荷物をいきなり持ちあげるなどで発生します。

ぎっくり腰図解

 

④そのショックで筋肉が硬直して縮んでしまいます。

この状態のときにこの筋肉を動かす動作があると、激しい痛みとなります。ひどい場合は寝返りも苦しい状態です。一方の筋肉が縮んでいるので、真っ直ぐ立ち上がることができません。歩くことができても、痛みを我慢するためにぎこちない歩き方となります。

ぎっくり腰図解

 

⑤施術で筋肉の硬直を取り除いてあげれば、筋肉を動かしても大きな痛みは発生しません。ただし、筋肉が損傷しているために、違和感はのこるはず。痛みはかなり軽減しますが、ぎっくり腰は治っているわけではありません。

ぎっくり腰図解

 

⑥筋肉の損傷は自然治癒します。最低でも1週間はかかると思います。筋肉の状態は相変わらず良くないので、大きな激しい運動はNG。この状態のままではいつぎっくり腰が再発してもおかしくないのです。

ぎっくり腰が再発しやすいというのは、痛みが取れれば完治だと勘違いして、この状態のまま放置しておくのが原因だと思います。

ぎっくり腰図解

 

⑦整体やストレッチでほぐし、筋肉を柔らかくして、筋肉の機能を再び元に戻します。ここまで行ってやっと完治です。完治してもメンテナンスしてこの状態を保つことが大切です。

ぎっくり腰図解

 

 

肩こりでもそうですが、極限の状態まで我慢してから来店される方が多いのが事実。

コリによる辛さや痛みは「きちんとしたお時間」さえいただく事ができれば、1回でかなり楽になるのも事実です。(40分という時間で、脚も腰も肩も…という人がいますが、それでは単なるリラクゼーションにすぎません。コリをほぐすのには時間と回数が必要。強く揉めば良いだろうというのは、間違い。逆に筋肉を損傷させたり、硬くしてしまいますので、時間と回数が必要なのです。)

自分できちんとカラダをメンテナンスできる人ならば、ちょっとした施術だけでも問題ないのですが、第1そのような人はぎっくり腰になるような筋肉の状態にはなりませんから。

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

ぎっくり腰の痛みを取る

”ぎっくり腰シリーズ”3回目。

ぎっくり腰になったら「安静+アイシングで痛みを和らげる」というのが一般的に書籍などに書かれている”対策”です。対策と言えるのかどうかはわかりませんが・・・

そうは言っても皆さん忙しいし、時と場合によってはずっと安静にしておけない状況というのもあります。

 

前回ぎっくり腰は筋肉の損傷(捻挫のようなもの)であると書きました。

その損傷は自然に治っていくのを待つしかありません。損傷の程度により1週間前後から1ヶ月ほどかかるものもあるでしょう。

しかしぎっくり腰から来る痛みは和らげることができます。

 

前回書いたようにぎっくり腰の際の痛みは、筋肉が異常に緊張状態になっているために生じることが多いようです。ですからこの緊張を緩めることが痛みの緩和になります。

 

ぎっくり腰に一度なった人は再発しやすいと言われています。

当店からだせいびのぎっくり腰の対策は、再びなってしまった際に、自分自身である程度の痛み対策をとることができるよう、原則としてお客様自身で行っていただくための指導を兼ねています。

次になってしまった場合、また痛い思いをして足を運んでいただくことが無いようにという配慮です。痛みを我慢して動き回るとより悪化してしまう恐れもありますから。

 

筋肉の緊張をリリースするためには当店からだせいびでは「操体法の考えを利用」したストレッチを行ってもらいます。あくまで操体法の考えを利用しているのであって、操体法の動作そのままではありません。

ストレッチの方法も痛みの程度によって変える必要があります。

痛みがとてもひどい場合は肩を最初に動かしていただきます。(からだせいびは2階にあるので、このような方は来店するのも一苦労でしょうが。)脚を動かしても大丈夫な場合(ほとんどの場合はこの状態)は脚を動かしてもらいます。最初は軽い小さな動きのストレッチを行い、だんだん痛みが軽くなって来るので徐々に大きな動作に移ってもらいます。ぎっくり腰の痛みを緩和する場合は、患部である腰を押したりすることはありません。

この一連のストレッチで当初の痛みはかなり緩和されるはず。

 

ですから文字や画像で説明することがかなり困難。やはり来店していただき、実際に一緒に行っていただくのが良いと思います。

 

 

ぎっくり腰の痛みは激痛の事が多いから、ぎっくり腰にならないように普段からの筋肉のメンテナンスを行っておくことが大切です。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

ぎっくり腰になってしまったら

前回はぎっくり腰の予防に関して述べました。

 

いくら予防していてもなってしまうこともあります。

その時はどうするか。

 

ぎっくり腰は前回述べたように、腰の筋肉が劣化したような状態すなわち筋肉の機能としてきちんと働きにくい状態になっているときに、突然の過大な作用を受け、一部が損傷したような状態になることによって発生すると考えています。

その際筋肉が異常に緊張してしまうことが痛みに原因かなと思います。

そのためカラダを動かそうとして緊張した筋肉に力がかかると激痛が走るということになります。

 

激痛を避けるには損傷した部分を動かさないこと。すなわち安静が必要ということ。

昔からぎっくり腰には「安静+アイシング」と言われていますが、それは痛みを抑えるという意味での対処です。

痛みは数日でだんだんと引いていきます。(前述の筋肉の緊張が徐々に和らいでいくということで理解できると思います。)

同時に損傷した筋肉も徐々に治っていきます。ただしこちらの方はもっと時間がかかるはず。最低でも1週間は必要でしょう。治癒能力を高めるには今度は温める事が大事。

ですからぎっくり腰直後からは安静+アイシング、数日後の痛みが和らいで来た頃からは温湿布が有効ということ。

 

最近ぎっくり腰には温湿布という考え方も出てきています。それは治癒を早めようという考えです。痛みが少なければそれでよいかなと思いますが、激痛が走っているときに温湿布だと、痛みも増して感じられるので、実際はきついのでは。

痛みによって冷湿布と温湿布を使い分けるのが賢い方法でしょうね。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

ぎっくり腰の予防

年明け早々、冷え込んで来ました。

前回のブログで腰痛注意報を発令しましたが、この時期は普段よりも腰を痛めることが多いために注意が必要です。

 

痛いぎっくり腰。

それほど違和感なしに歩けるほどの軽い症状から、寝返りをうつのも辛いようなかなり重い症状までさまざまです。

 

落とした物を拾おうとして、くしゃみした瞬間、立ち上がった瞬間とかちょっとした動きが原因で発生することもあります。

 

人がぎっくり腰になって苦しんでいるのを見ると、やはりなりたくないですよね。

 

幸い、私自身はぎっくり腰になったことはありません。

職業柄、ぎっくり腰になってしまったら他人様の施術どころではありませんから、一応注意しております。

人の施術をしているときにはやはり腰を使いますので、けっこう辛いこともあります。したがってストレッチなどで筋肉を柔らかく保っておくことをしております。

 

ぎっくり腰の発生メカニズム、原因というのはいろいろなホームページや書籍などで書かれております。

私自身はやはり筋肉の状態が原因だと思っています。運動不足や寒いときなどは筋肉が普通の状態よりも機能しにくい状態となっていると思います。ゴムやバネで例えると、劣化して硬くなったぼろぼろのゴムとかさび付いてギイギイいっているようなバネを想像してください。

そのようなゴムやバネに突然の強い力がかかったら・・・

ゴムには亀裂がはしり、バネも切れてしまうかも知れません。

 

ぎっくり腰になってしまった筋肉はそのような状態であると考えています。

 

だから筋肉は常にメンテナンスを行うことが大切。

ゴムやバネは元通りになりませんが、筋肉はストレッチや整体で元に戻ります。食べ物もタンパク質を十分に摂ることが大切。

お風呂も寒い時期はシャワーだけではなく湯船に浸かり、血行を良くしておくのも大切です。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

Next page →