ストロー廃止に思う

今年になって海外、そして国内でもストローを廃止する動きが出始めました。

発端は6月に開催されたG7の「海洋プラスチック憲章」採択だという。

粉々になったプラスチック(マイクロプラスチック)が海に流れ、海洋生物の体内に蓄積されているということです。

 

これがきっかけとなってまず、アメリカのスターバックスがプラスチックストローを廃止するというコメントを流しました。

それからは続々といろいろな大手外食チェーンで、このような動きを見せ始めたようですね。

 

ここで、なぜプラストローなのか?が疑問となります。

ストローだけが目の敵にされているようですが、実際に海に流れてマイクロプラスチックとなるとしたら、(おそらく)ストローなどはごく微量だと思います。

何故って、ストローの大部分は店内とか家庭で消費されて、可燃ゴミあるいはプラゴミとして焼却されるものがほとんどだと思います。

ストローよりもスーパーなどのポリ袋や飲み物などのペットボトル、カップ麺などのプラ容器のほうが海辺や川辺で使用してそのまま流される事が多いのでは。しかも重量比はこちらの方がストローよりもずっと多い。

洗濯で揉まれて衣服から流出する衣類の化学繊維が、そのまま下水とともに海に流れています。これがとんでもない量だと聞いたことがあります。特にアクリル繊維が非常に抜け落ちやすいようです。(フリースは洗濯回数減らすべきだな。)

 

おそらく使用しなくてもそれほど困らず、手っ取り早く無くすことができる代表がストローなのでしょうね。

 

昔は牛乳とかヨーグルトもビン入りで、牛乳店に返却していました。

スーパーの袋も紙袋でしたね。

味噌も量り売り、豆腐も近所の豆腐屋さんが天秤棒で売りに来ると、鍋を持って買いに行ったのを思い出しました。(昔住んでいた所は車ではなく、豆腐屋のおじいさんが毎晩近所に売りに来てくれました。)

納豆も藁とか薄切りの木で包まれていたものです。(今もスーパーにそのようなものが置いてありますね)

 

自然にやさしい昔のやりかた、見直しても良いと思います。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

災害に対する準備

地震、台風、豪雨…このところ毎月のように各地で自然災害が発生しています。

地震はまだまだですが、台風とか豪雨は天気予報の進歩によって数日先ならばかなり確実に災害予想が見通せるように鳴りました。

ただし正確性が増した予報を意味ある物にするのは各自の準備ですよね。

 

先の関西を通過した台風21号。

大阪の繁華街、道頓堀では台風通過直前でも営業していた店があったようですし、道路の看板も普通通りに置いている店もあったようです。

これが沖縄など”台風銀座”の街だったら、おそらく台風に備えて準備をしていたと思います。シャッターを下ろしたり、ガラス窓に飛散防止用のテープを貼ったり、雨戸を閉めてさらに釘などで補強したりなど。

 

ここ麻生区百合丘は台風21号の被害は全く無かった、といって良いと思います。台風の進路からかなり外れていたためでしょうが、街の雰囲気も通常とほぼ同じでした。

近くに建物を解体している現場があり、建物をシートやボードで囲っています。今回の台風では結果的には何も問題は発生しなかったのですが、大阪を襲った風圧だったら大変なことになっていたと思います。

当店は一応看板など風に弱そうなものは引き上げて置きましたが、結果的には無駄骨。でも万が一の場合に備えておくのは意味ある事だと思いますし、習慣にするのも良いことだと思っています。

 

南の方に台風22号が発生しています。12日には905hPaの「猛烈」な台風に成長するようです。

今後の進路は今の所つかめていませんが、沖縄あたりで急に進路を北方向に変える恐れもあります。

停電に備えて懐中電灯の電池や食料、現金の準備を今からしておくのも良いと思います。(いつ来るかわからない地震対策にもなりますし)

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

からだせいび健康情報

店内に「からだせいび健康情報」という印刷物を置いてあります。

 

隔月で発行していた「リリヒル便り」に載せていた、健康に関する部分をより充実させたものです。

現在、「ぎっくり腰」、「肩・首コリと姿勢」の2部を配布中です。

 

是非お手にとってご覧下さい。(お持ち帰りになり、ご自宅でゆっくりご覧下さい。)

 

 

これからもいろいろな情報を配布したいのですが、イラストも自作のために時間がかかります。(このためだけにイラスト作成ソフトを購入するのもばからしいため、エクセルの図形機能を使用して描いています。)

下のイラストは「肩・首コリと姿勢」中のバリ島の女性をエクセルにて描いたものです。

バリ島の女性

なにしろイラストひとつ描くにも時間がかかります。

しばしお時間をくださいませ。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

当店の防災策

本日9月1日は「防災の日」

 

おそらく日本各地で防災訓練とか防災に関連した催しが開催されていることと思います。

 

当店の防災に関連した設備を紹介します。

・誘導灯 法令では当店のような小さい店舗では必要無いのですが、敢えて開店当初から設置してあります。

・消火器 圧力計が着いた最新式の消火器を設置しています。

・非常口 通常の出入り口の他、出入り口が使用できない場合は窓からアーケードの屋根に降りることが出来ます。(近隣の店舗では、窓を固定式にしたり出窓などにして外観重視としていますが、当店は設計段階から万が一の場合の安全重視の考え方で、開閉可能なサッシ窓を残しました。)

・カーテン 室内のカーテンは全て防炎カーテンを使用しています。

・ガス 万が一の出火を防ぐため、都市ガスは契約しておりません。

・ヘルメット 万が一の場合に備え、お客様用にヘルメットを2個用意しました。

・懐中電灯 LEDライトを用意しました。

・非常用ラジオ 手回し充電式の懐中電灯付きラジオを設置しました。

・施術ベッド 細めの方であれば、300キロまでの荷重に耐えることができる施術ベッドの下にもぐることにより、地震などの場合の落下物に対して安全です。

・非常用飲料水 施術後のお飲み物に使用しているミネラルウォーターは常に十分にストックがあるようにしています。

 

これら非常用設備は使用しない方が良いのですが、万が一の場合に備えて準備しています。

強力な台風も近づいているようです。

皆さまも気を付けてお過ごし下さい。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

気象と休み

いつものように朝8時に店頭の札を「開店」にしようと階段下へ。

バス待ちの人の列が長くなったことで新学期が始まったことを知りました。

 

例年ならば盆が終わると幾分涼しくなるのですが、昨日の最高気温は35度。

今日の予想も35度と、相変わらず猛暑が続いています。

明日からの気温予想もずっと30度以上が続いています。

 

このような気象が続くのであれば、関東以西の夏休み期間をもっと長くする検討が必要だと思っています。

昔は9月1日からだったのが、土日休みということでしわ寄せが夏休み短縮になっているはず。

土曜日の半ドンを復活して夏休みを長くすべきでは。

昔は休みが少なかったから、逆に休みの時間が楽しく、有効に利用していたような気がします。土曜日は学校で友達と午後からの遊びの計画を練ったりしたものです。

 

 

もともと欧米諸国の週休2日というのは、日曜日にミサ出席があるから土曜日を仕事休みというのが理由と聞きます。

金曜日が安息日のイスラム教国は金曜、土曜が休みで日曜日は出勤日のところが多いのです。

休みは宗教上の理由から決められているのです。

 

 

天候上の理由で休日を決める例として、台湾は強い台風が来るときは政府が台風休みを宣言します。

だから台風が近づくと学校や官庁、会社も休みになります。

 

政府が本当に国民の健康や安全を考えてサマータイムを考えているのであれば、沖縄や九州など台風や災害の多い地域には台風休みの導入を考えるのが先だと思います。

サマータイム理由のひとつとしている「欧米諸国がやっているから」という理由ですが、その欧州でサマータイム廃止論も活発になっているようですから、導入の理由にできないと思います。

それよりも先に論ずるべきは台風休みです。

大きな台風の時は、交通機関の乱れを考慮して従業員の早帰りを促している会社もあります。(この前の台風の時は箱根そばのお店が台風休みをとっていました。結局の所、このあたりは台風による大きな影響は無く、あれっ、なんで箱そば休みなの…という「空振り」の感じでしたが、従業員のことをきちんと考えてくれる良い会社ではないでしょうか。)

従業員も家族とか帰りのことが心配で、仕事もはかどらないだろうし。いっそのこと、初めから休みにした方が良いと思います。

訳のわからない「山の日」とか「海の日」などを設定するよりも、休みの理由としては誰もが納得すると思います。唯一、突然休みになるといったことが混乱を起こすかも知れませんが、気象上の理由だから皆さん文句は言いませんよね。

 

当店独自に設定しようかな、「台風休み」とか「酷暑休み」。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

電気料金が…

7月から続く猛暑。

今年は猛暑を通り越して”激暑”とでも書くべきか。

 

お客様も口々、今月の電気料金を見るのが怖い…とおっしゃる。

 

昨日8月分の電気料金のお知らせが来てしまいました。

 

電力量が昨年同月比1.27倍!

とんでもなく高額の電気料金になっていました。

 

お盆が過ぎても引き続き続く暑さ、

これでは9月分の電気料金も覚悟が必要だな。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

サマータイムよりシエスタだよな

このところ何故か突然サマータイム論議が始まった。

 

きっかけはオリンピックに向けての暑さ対策だという。

欧米先進国はサマータイムを導入している国が多い、というのもひとつの理由だとか。

 

サマータイムを欧州各国が導入している理由を見ると、

「昼間の明るいうちに仕事をし、夜の余暇時間を長く持つことができる。 」

ということで、

緯度が高く夏の日照時間が長い欧米諸国などで多く導入されている。」

(Wikipediaより)

だから、そもそもサマータイムの目的は暑さ対策というのでは無いのです。むしろ夏の昼間の長い日照時間を有効に活用しようという日本とは逆の発想。

 

ちなみにWikipediaのサマータイム実施国をみると、赤道付近の熱帯、亜熱帯の国で実施している国はほとんど無し。

 

アジアのように特に夏に湿度の高い国は、夜中でも不快感はあまり下がらないから夜になっても大変です。

それで東南アジア各国は、昼間の暑い時間はブラブラ適当に過ごし、夕方に良くあるスコール後の幾分温度が下がった時間を屋台などで家族と共に過ごすといった生活ですよね。

メキシコなどは昼間は商店も閉じて昼寝タイムです。

 

暑さ対策として道路への散水とか…、冗談かと思った。

湿度は上がるし、足は濡れるし、道路は滑りやすくなるかも知れないし…

毎年この時期渇水で悩んでいるのに。オリンピック開催から水の需要は例年よりも多くなるはず。その時期に節水どころか水を使いまくり。

利根川水系各都県の皆さん、2020年夏は相当の覚悟が必要だと思いますよ。

 

アメリカのTV中継の莫大な収入を得たいからということで、オリンピックの時期をどうしてもずらせないのならば、競技は日中を避けて夜中に行ったらいかがでしょうね。欧米諸国のテレビ中継も、欧米の選手にとっても時差がほとんどなくなるし、好評だと思いますが…

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

 

 

本日からお盆スケジュール

既にホームページでお知らせしていますが、本日11日から16日までは

10時~18時

の営業となります。

 

なお、前日までのご予約に限り、朝8時~10時の間のご予約も承ります。

ご予約が無い場合は10時から開店いたします。

(現状では8月13日だけ、8時~10時の間のご予約が残っております)

 

お盆の最終日8月16日は残り1枠ですのでご予約はお早めに。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

最高気温40度超え

ニュースで本日、岐阜県の多治見市、美濃市の最高気温が40度を超えたと報道していました。

当店のある川崎市麻生区も40度までは行きませんが、ここ1週間ずっと最高気温34度の酷暑が続いています。

夜間も気温があまり下がらず、冷房無しではとても寝ることが出来ない日が続いています。例年ならば8月に入ってからの気温なのにまだ7月も半ば…。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますから、まだこの先1ヶ月もこの暑さが続くのでしょうか?

 

暑いことで有名な中東のドバイの本日の気温を見たら、最高気温38度、最低気温32度。

多治見の暑さ、ドバイ越えかぁ。(最低気温は26度だから、最高気温だけですが)

 

お年を召している方は夜中にトイレで起きるからと言って、寝る前の水分を控える方が多いようですが、熱中症に気を付けて、水分を多めに摂って下さいね。

寝る前の水分摂取は、夜中の脚のツリを防止する効果もあるようですから。

それと冷房をガンガン効かせると寝違えを起こす事もあるので、適度な温度に設定してね。

 

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト

 

フィロディンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し Ⅲ

1月22日の記事「フィロディンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し」、3月8日の記事「フィロディンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻しⅡ」の続編です。

未読の方はリンクからどうぞ。

 

切り戻しは茎の位置によって4つにしたのですが、それぞれのその後を書きます。

1 根が付いている部分(鉢のまま)

● 1月22日

フィロデンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し

● 3月8日

葉っぱが成長しています。赤ちゃんの葉っぱなので、フィロディンドロン・ジョーズ特有のギザギザはありません。今後葉っぱが多くなるにつれて、だんだんギザギザが出てくるのではと思っています。

フィロディンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し Ⅱ

● 6月24日

先端部を一緒に植え替えしたのですが、先端部の方が目立っています。

(写真左に小さな葉っぱの付いている茎が根本の部分です。)

 

 

2 茎だけ

● 3月8日

切ったときからほとんど変化がないのですが、よく見ると下の方に根っこらしき白いひげのようなものが…。何故かこれも上の方へ伸びています。ジョーズはつる性の植物なので、根っこは近くのものにくっついて絡みつく性質があるのかなと想像しています。

芽らしきものはまだ出てきません。月日はかかるけれど、今後芽が出てくるような期待が持てます。

短気を起こさず、捨てないで良かった。

フィロディンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し Ⅱ

● 6月24日

葉っぱもこんなに成長。単なる1本の”棒”だったのが半年でこんなに成長しました。

 

 

3 葉っぱが付いている茎

● 1月22日

フィロデンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し

● 3月8日

芽が少しずつですが、大きくなっています。根っこも伸びています。

フィロディンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し Ⅱ

● 6月24日

葉っぱが3枚出てきます。

もうそろそろ鉢に植え替えしないと。

 

4 尖端部分

● 1月22日

フィロデンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し

● 3月8日

切り戻し後2つめの葉っぱが育っています。これは極めて順調です。

フィロディンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し Ⅱ

根っこの方は

● 1月22日

フィロデンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し

 ● 3月8日

根っこも順調に育っています。相変わらず上の方に向かって伸びている。

やがては土に植え替えするのだけれど、それ以降根っこはどうなるのやら。

植え替え時に抜けないと困るので、少し口の広いビンに入れ替えています。

フィロディンドロン・ジョーズ(シャーク)の切り戻し Ⅱ

● 6月24日

根本の鉢に植え替えしました。(写真の右の大きな葉っぱが付いている茎です。)

 

 

いずれも順調に育ち、ビンで水栽培の個体もそろそろ鉢に植え替えようと思っています。

この実験?で切り戻しは先端部、途中の茎(葉っぱ有り、葉っぱ無し)、根本のどこからでも成功することがわかりました。植物の生命力が半端ではない事がわかります。

 

前にも書いたのですが、シンゴニウムなどと較べると当初の成長が極めて遅いので、かんしゃくを起こさずに見守ることが大切のようです。

 

今回でフィロディンドロン・ジョーズの切り戻しの報告を終了することにします。

以上フィロディンドロン・ジョーズが伸びすぎた方、切り戻しを検討されている方の参考になれば幸いです。

 

店長まさひろ@からだせいび

 

小田急線 百合ヶ丘駅前 駅から30秒の整体サロン。

からだせいび

ご予約は044-328-5160まで。

こちらもご覧下さい。からだせいびエキテンサイト